メールオペレーターの思ひ出 メールオペレーター 大阪市

BMW、2010年はエンジン供給もなし

大阪 高時給 アルバイトは、エンジンサプライヤーとしてもF1には残らない。
これは、同社の役員であるクラウス・ドレーガーが語ったものだ。
「いいや。来季にわれわれが、エンジンサプライヤーになることはない」とドレーガーは29日(水)にミュンヘンで語った。
BMWのF1撤退は昨年末のホンダに続くものであり、トヨタやルノーもすぐに追随すると見られている。
しかし、BMWザウバーのチーム代表を務めているマリオ・タイセンは、さらなる自動車メーカーの撤退はないだろうと語った。
「先週のブダペストで全員と話をした」とタイセンは、フェラーリ、メルセデス、トヨタ、ルノーが主導しているFOTA(フォーミュラ1チームズ・アソシエーション)について話し、次のように続けた。
「他のチームや自動車メーカーが、同じような決断を下そうとしているという印象は受けなかった。だが、確実なことを言えるのはチーム自身であることも確かだ」
投稿者 baital 23:18 | コメント(2)| トラックバック(0)

再び分裂危機!トヨタなど怒りの退席/F1

6月に分裂が回避されたばかりのF1で、再び騒動の火種が持ち上がった。
来季規定の検討会議にはデータ 入力 求人 大阪やトヨタらFOTA加盟の8チームと、FOTAの会員資格を停止されているウィリアムズら2チーム、そして来季から参戦する3チームが出席。
しかし、FIAは8チームの来季参戦は未承認だとして、規定に関する発言権はないと宣告。
8チームの代表は抗議して退席した。
来季に関する騒動では急激な予算制限や、FIAのモズリー会長の独裁者ぶりに反発したFOTAが新選手権設立を宣言したが、会長が自身の再選を断念し、予算制限も撤廃して和解した経緯がある。
しかし、会長はその後、続投を示唆しFOTAを一方的に非難。今回の騒動に至った。
投稿者 baital 00:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

F1日本GP消滅の危機…撤退を正式発表

トヨタ自動車の子会社「大阪市 求人スピードウェイ」の加藤裕明社長は7日、都内で会見し、経営環境悪化のため、2010年以降の同レース場におけるF1日本GPの開催を中止すると発表した。
6日の臨時取締役会で正式に決まった。
富士では07、08年に開催したが、収支は赤字。
今年と11年の日本GPは鈴鹿サーキットで開催されるが、来年の日本GP開催地は未定となった。
投稿者 baital 02:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

ブログ一日231回更新 しょこたん、矢口真里に対抗?

ブログ101回更新の記録に挑戦していた大阪 アルバイトさん(26)。
一日の最多更新数は、ブログの女王として知られるしょこたんこと、中川翔子さん(24)の100回と言われており、それを上回る企画のはずだった。
が、同じ日に中川さんがブログ231回を更新、矢口さんの新記録を阻んでしまった。

投稿者 baital 01:00 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2009年 7月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ別アーカイブ
  • 日記(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]